• ホーム
  • サービス案内
  • クリーニング料金
  • クリーニングの流れ
  • よくある質問
  • 店舗案内
  • 会社概要
  • お問い合わせ

2016年10月

着る前洗い

雨の日は

天パー(天然パーマ)が

巻き巻き・・

そんなウェーブとツーブロックが

今の流行りと知りつつ

巻き巻きの前髪ちろんが

恥ずかしいと思っている

松井クリーニングの松井です。

 

ここ数日で

冬物のアウターの依頼が増えました

(数はわずかですが)

ほとんどの人が

春に洗ってしまい込む中

今年の冬に着用する前に

クリーニングに出してお手入れしてから着る。

そんな「着る前洗い」を希望されるお客様がおられます。

 

汚れ落としや長期利用を考えれば

着用後に洗う(春に洗う)が正解です。

 

しかし!

保管中の防虫剤のにおい(ナフタリン)が気になる。

保管中についた仕舞いシワが気になる。

どうせ着るなら綺麗にしてからオシャレしたい。

ついつい洗い忘れちゃって・・・苦笑

 

なるほど、、

たしかに「着る前洗い」 を

したくなる気持ちも分かります。

 

個人的には

洗わずに保管した半年後の末路が想像できるだけに

絶対出来ませんがね。

 

クリーニング(+シミ抜き)で

出来るだけ綺麗にすれば良いとするならば、

(完全に除去出来ない場合もあります)

それも賢いのかもしれませんね。

 

ちなみに冬物アウター以外にも

冬学生服、布団、毛布などなど

合わせて5~8%くらいは

冬物衣類の依頼がきている感じです。

 

 

 

 

秋といえば

地元「羽田祭り」には24歳から参加してます

松井クリーニングの松井です

 (まさかの連続投稿。今日はヤル気◎)

 

秋といえば 「祭り」

 

地元祭りが終わると

「夏終わったなぁー」と感じ

毎日届く 各地域・各団体の

法被(ハッピ)や浴衣を洗い終えると

「もうすぐ冬になるなぁー」と感じます

 

そうです!

わたしにとって「秋」とは

「祭り」なのです!

 (そうなのだと本日22:32に気付きました。はい)

 

実際に各地域のお祭りに行った事はなくても

自分が洗ったハッピ・浴衣を着てる方たちを拝見すると

無性に親近感がわきますし

知ってる企業・地域から依頼がくると

 (大体知ってるますよね、地元だもん)

「こんなデザインなのかー」と眺めて観察もいたします。

 

昨年 初めて参加している町内でハッピを新調して以来

祭礼品のクリーニングに関心が高くなってます。

 

色落ちを極力押させつつ

汗や酒(笑)

時には嘔吐物なんかがついたハッピを

いかにして綺麗に戻すか。。

 

今年はそんな「秋」なのです。

 

 

 

シミ抜き始めて。。。

シミ抜きにこだわって12年

松井クリーニングの松井です。

 

思い返すともうそんなにやってるのかと

自分で書いててビックリしてます(苦笑)

 

例えば1日30点 (有料・無料あわせてテキトーに)

年間300日として12年で3600日

30点 × 3600日 = 108,000点

 

10万点!???

凄い数やってますね!汗

改めて計算したら驚き数字!

 

いやいやいやいいや。。。

こんなにも綺麗にして欲しい依頼を受けていたんですねー

 

積み重ねた年月と実績が

自分にもあったのだと自覚した今回でした。えっへん

 

(これ、明日から「シミ取れませんでした」って言いづらくなるわぁ。苦笑)

 

 

 

 

1
PAGE TOP